≪ 特集 ≫

鯨井自治会新年会

平成30年1月14日
新年のごあいさつ

おもちつき(みよしの自治会)

平成30年1月7日

小宮山泰子先生と。

初日の出

平成30年1月1日

おもちつき(小仙波)

平成29年12月10日
小仙波町1丁目自治会 (日枝神社にて)

小江戸川越ハーフマラソン

平成29年11月26日

樋口議員 海沼議員
  小野澤議員

2017年はハーフに出場、21.09Km完走です。
疲れました!!
※第1回から連続出場(10Km)

東京2020オリンピック、ゴルフ競技開催のカウントダウンボード設置

平成29年11月3日
*川越市では東京2020オリンピックのゴルフ競技が市内にある霞ヶ関カンツリー倶楽部で開催することから、ゴルフ競技開催1000日前となる11月3日にカウントダウンボードの設置を行い、除幕式が行われました。
設置場所は川越市役所と川越駅となります。

第12回第九の夕べin喜多院

平成29年10月9日(月)
今年で12回目の第九の演奏会となりました。地元ボランティアの皆様、250名の演奏者の方々にご協力していただき、たいへん感謝しております。当日は快晴にも恵まれ、たいへんすばらしい第九の夕べin喜多院となりました。ありがとうございました。
*来年は平成30年10月8日(月)に開催いたします。

第4回ふるさと古民家展

平成29年9月10日
古民家趣味の会(会長 山崎昇氏)の皆様により小江戸蔵里にて郷愁にかられる第4回ふるさと古民家展が開かれました。今回の開催は第3回から2年目となりますが心温まる日本の原風景、世界遺産・白川郷の合掌造り、民家集 落や重厚な門構の家屋など特に雪を降らせた集落など、作品数十点ほど展示されました。家屋の内部、隅々まで手が込んでおり完成度の高い作品に、見学に来られた方々も満足されていました。 *(集落の雪)焼いた塩を上からふり雪に見立てたそうです。

5月に植えた綿の木が実をつけ、白い綿花、茶色の綿花が咲きました。

平成29年9月2日
*茶色の綿花はめずらしいですね!

我が家の庭でとかげ!!

平成29年6月4日

晴天!!麦 収穫

平成29年6月4日

麦畑!!

平成29年5月28日
来週は刈取りかな?

麦畑!!

平成29年5月16日
いよいよ刈取り近し

※だいぶスズメに食べられていますので鳥よけを付けました。

平成29年度、川越織物市場総会へ出席

平成29年5月14日
総会終了後、アレックス・カー氏による講演
美しき日本とはを考えさせられました。

綿の種をまきました。(5月2日)

平成29年5月13日
芽が出はじめ、こんなに大きくなりました。

白い綿になります。
ブラウンの綿になります。
(参考)コレが収穫したブラウンの綿です。

今年も獅子舞行列一番街で!!

平成29年5月3日
※小ヶ谷地区は50年ぶりだそうです。
石 原 町

上 寺 山

上   戸

下 小 坂

福  田

石  田

小 ヶ 谷

香取市「佐原の山車行事」ユネスコ無形文化遺産登録 祝賀山車曳き廻し式典

平成29年4月29日
桐野議員、小高議員、小野澤議員が参加!
川島インターから圏央道で行きました。千葉まで近い!

竹の子の姿

平成29年4月21日
今が旬です!今年は竹の子が高価だそうです。

鯨井の万作

平成29年4月9日
 川越文化財保護協会の方々が見学に来ました。

今年も小麦がよく育っています。

平成29年3月28日
収穫まであと3ヶ月くらいかな?

友人達と高尾山へ

平成29年1月9日
私は初めて高尾山に登りました。下りが疲れましたね!

小野澤康弘市議会報告会

平成28年12月26日
平成28年12月議会終了後報告会を行いました。(メルト)

東洋大学2017年度箱根駅伝壮行会

平成28年12月4日
校友会の先輩方と中央は酒井監督

今年も鯨井の畑で小麦のたねをまきました。

平成28年12月4日
今年も鯨井の畑で小麦のたねを蒔きました。小麦を作っているメンバーです!もうみんな慣れてます!

小江戸川越ハーフマラソン

平成28年11月27日
 がんばるぞ!
若い者には負けられない!!

 海沼議員、小野澤議員、樋口議員

都市景観重要建造物

平成28年11月16日

 上戸 鈴木家 長屋門
時は明治、とても立派な長屋門です!

 笠幡 山畑家 長屋門
時は明治、とても立派な長屋門です!

夜の一番街

平成28年11月5日
夜の大正ロマン通り、とても幻想的です。

鯨井子どもサポート事業

平成28年11月5日
さつまいも収穫祭
大きなさつまいもが収穫できました!

川越まつり 市役所 山車ぞろい

平成28年10月15日

第11回第九の夕べin喜多院 コンサート

平成28年10月2日
今年も盛大にコンサートが開催できました。

入場までに行列ができてしまいました。

昼間の練習です!!宮寺先生

ボランティアの皆さんと準備中。汗だくだく!

グランド草むしり

平成28年9月11日
的場ソフトボールの皆さんと

笠幡、協栄地区グランドゴルフ

平成28年6月17日
いつも元気な地元の方々と一休み中…

的場 古民家 こども園オープン

平成28年6月10日
公明党、桐野議員、田畑議員と参加

麦の刈取り

平成28年6月5日
今年はたいへん良く出来ました。金麦?ビール?

喜多院 北参道

平成28年5月28日
歴みち、とてもきれいに完成しました。情緒があり歩きやすいです。

すずめと麦畑

平成28年5月27日
最近、住宅街ではスズメは見られませんが、ここにはいっぱい来ます。

もうすぐ小麦の刈取りができそうです。

平成28年5月21日

やっぱり春はいいですね!たけのこの里!?

平成28年4月9日 川越市笠幡のたいへん広い竹林の竹の子です。

昨年に引き続き麦を栽培しています

平成28年4月8日 新緑の香がする季節。緑は最高ですね!

※平成28年3月5日 第2回かわごえ里山2016田んぼフォーラムへ参加いたしました。
私の知人が健康には環境や食も大切と考え、生物多様性を取り戻す活動の一環として色々と活躍しています。その方からの参加依頼でした。
講演の方やパネラーの方々の思いのこもった体験やお話しに感動しました。

元気一杯!グランドゴルフ

平成28年3月27日 上戸小学校区スポーツ振興連絡協議会主催
グランドゴルフ大会

地元参加者の先輩たちはさすが、日頃の練習の積み重ねにより、皆さんすばらしいスコアでした。

川越市の遺産としての"緑"!

川越市は、市制施行60周年(昭和57年)を記念し、市の木を「かし」、市の花を「山吹」と定め、又、市制施行70周年(平成4年)を記念し、市の鳥を「雁」と決定いたしました。
 私は以前より緑(樹木)を川越市の遺産としてとらえ100年先の計画を作り、取り組む事が出来ないものかと考えていました。今回の9月議会では川越市の「かしの木」を含め、何点か質問と提案をさせていだだきました。

川越市の木「かし」を市の遺産ととらえて考える事は出来ないか!?

「どんぐり」で知られている「かし」の木

豪雨で入間川河川敷のマレットゴルフ場に浸水被害!

マレットゴルフ場入間川河川敷霞東コースから上戸コースが、台風18号の影響による豪雨により河川が増水し、浸水したため、会員さん達が集まり、一生懸命にコースの修復作業にあたりました。私も微力ながらコース修復のお手伝いをさせて頂きました。おどろいた事にいったん根付いた芝生が河川増水による強い流れに負けず、力強く残っていた事です。

8月2日(日)午前8時30分より「川越市水防演習」が行われました。

演習は次の想定で行われました。
7月30日にフィリピン沖で発生した台風X号は、次第に勢力を増しながら北上し、紀伊半島から東へ進み、昨日(8月1日)夕方伊豆半島へ上陸しました。
その後台風X号は、毎時20キロの速さで北東に進み、神奈川県から東京都、埼玉県を通過し、2日朝には群馬県中部に達しています。
この台風は、広範囲の雨域をもった大型で強い台風で、県下全域にわたり豪雨となり、各河川とも増水が著しく、昭和22年のカスリーン台風時程度の出水になる恐れがあります。
国土交通省と気象庁の共同発表によると、秩父山岳部の総雨量は500ミリに達する見込みで、荒川の水位は、2日午後10時頃最高となり、氾濫危険水位を超えるものと予想されます。
以上の状況から判断し、入間川の堤防は危険な状況になる恐れがありますから、2日朝には水防体制に入る必要があります。

演習の実施部において、川越市水防団として各地区より分団が参加されました。

月の輪(上戸地区内の堤防の漏水箇所に月の輪を施した。

6月7日(日)小麦の刈り取りを行いました。

刈り取りは友人のコンバインで行ったのですぐに終わりました。さすが、機械の力はすごいです。刈り取り後畑に残った麦わらを手伝ってくれた皆さんと束ねていると、家庭菜園を行っている方々や農家の方が麦わらを譲ってくれないかと来たので、すぐにに元の畑となりました。
※今年の麦は粒も大きく量も昨年よりありそうです。鳥たち(スズメ、鳩、他)もさぞお腹一杯食べたでしょう!!

収穫間近な小麦畑

今年も小麦の刈り取りの時期が近づきました。最近では小麦(麦畑)をあまりみなくなりました。私は子供の頃から麦畑のみどりが大好きでした。私自身、農家では無いのですが、麦畑のみどりが見たいので趣味で麦づくりを数年前から始めました。収穫時期になるとスズメや鳩、他の野鳥たちも小麦を食べに来ます。子供の頃の景色を見るようです!!

ハクセキレイ
ハクセキレイ

里山の環境

自然環境と生物多様性

ここ数年、川越市の一部の田畑にアライグマ、ハクビシン、タヌキなどが頻繁に出没し、トウモロコシや野菜類などを食べてしまう話をよく聞きます。山から追いやられ、食べ物を探しているうちに里へ下りてきて住み着いてしまっているようです。自然環境や小動物の生態を守ることはとても大切でありますが、一方では本来、里にはあまりいないはずの動物が被害を及ぼし捕獲されています。人の暮らす社会と自然のバランスはとても大切であると私は思います。原始的な環境と人間が生活する上での2次的自然環境を上手にバランスをとり、コントロールすることが大事だと思います。
 川越市内でもかわごえ環境ネットの皆さんが生態系の調査や自然観察などを行い、川越の自然を出来るだけそのままにして大切に守っていきたいという思いで大変すばらしい活動を行っています。私も敬意を表し、応援していきたいと思います。

キツネの生態

私もここ数年、趣味であるカメラを片手に川越に住む狐(キツネ)の観察をしています。え!!川越に狐がいるのとお思いでしょうが、10数年前よりいます。ここでは私が写した写真の一部ですが、掲載いたします。もともとイヌ科の動物ですから大変イヌに似ていますが、シッポが太くて長い本物のキツネです!
(撮影者:小野澤康弘、撮影2013年~2014年)
画像をクリックで大きくなります!

キジ!


up ▲